逆算手帳の見た目はこんな感じです。

◆ 大きさ ◆

outline1まず大きさですが、A5です。
A4の書類を半分に折った大きさです。
文庫本を横に2冊並べたのと、だいたい同じぐらいです。

小さめバッグに入るようになるべく小さい手帳にしたかったのですが、やっぱり小さいと書きづらいんですよね。A5サイズは持ち歩きやすくて書きやすい絶妙な大きさだと思います。

なかには「小さい文字が辛くなってきたんだけど・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

今年(2017年版)はA5のみですが、来年(2018年版)はゆったりと大きく書けるB5サイズも作りたいなと思っています。ご期待ください!

◆ 厚さ、というか、薄さ ◆

outline2逆算手帳は薄い手帳です。

ページ数は80ページで、厚さが 5mm ぐらいです。
iPhone6 の厚さが 6.9mm ですから、さらに 2mm ぐらい薄いんですよ。

過去にぶ厚くてズッシリと重い手帳を使っていたことがありますが、スッキリとスリムな手帳を使うと、もうあの頃には戻れません。

◆ 重さ、というか、軽さ ◆

逆算手帳は軽い手帳です。

重さは 132g です。iPhone6 が 129g なのでビミョウに負けますが、ほぼ同じぐらいです。

ちなみに「ほぼ日手帳 カズン(A5サイズ)」の重さは 489g とのことなので、逆算手帳3冊より重いようです。

◆ 表紙の色など ◆

outline3表紙の色は、シャンパンゴールドのような白に近いほんのりとしたクリーム色です。

写真では伝えにくいのですが、少しキラキラしています。

キラキラしていても華美な感じではありません。上品な見た目になっています。手触りもなかなかです。

「GYAKUSAN planner 2017」という手帳の名前と年を、銀色の箔押しで入れました。小さく控えめにいれてあります。

箔押しの銀色にも3種類あったのですが、一番上品なややゴールドがかった銀色を選びました。

◆ 中の紙とインクの色

outline4手帳の中の紙は、淡いクリーム色の上質紙です。
見返しの色をどうするか悩みましたが、スッキリとまとめたかったので、同じ淡いクリーム色にしました。

インクの色は茶色です。
最初はビミョウな色合いの青色にするつもりでしたが、試してみるとどんより暗い印象になってしまいました。
逆算手帳は使うとき&手にしたときにウキウキする手帳にしたかったので、明るい印象になる茶色に変更しました。

淡いクリーム色の紙に茶色のインクなので、目に優しい仕上がりになっています。

*     *     *

ゼロから手帳作りをスタートしてみたら、決めなくてはいけない細かなことが多くてビックリです。

紙のこともインクのことも全く知識がなかったので、勉強しながらひとつずつ決めていきました。大変でしたけど、とても楽しかったです。

間もなく誕生する初代「GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)」。どうぞ可愛がってやってください。

GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)開発者
手帳カウンセラー・コボリ ジュンコ
プロフィール

2017年版 逆算手帳は完売致しました! ありがとうございました。

【 逆算手帳について、もっと詳しくご紹介します 】